PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
New Entries
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    永字八法
    0
      月に一度、指圧の先生の元へ勉強しに行っています。

      一月のある日、先生のもとを訪れた時、今年僕が出した年賀状を持ってこられて、先生がこう仰いました。

      「君は今いくつや?こんな字を書いてるようではアカンぞ」

      先生は書に関しても造詣が深く、いくつかの先生の書を見せてもらいましたが、素晴らしいものばかりでした。

      字は上手くて損はない。
      常日頃、字を上手く書けるようになりたいなぁ、と思っていたので、これを機に字の練習を始めました。

      はじめはシャーペンで、あいうえお。
      一通り書いたのち…すぐに飽きました!!

      ヤバイ、これは続かない…三日坊主まっしぐら…

      先生の言葉を思い出す…
      「自分の好きな歌の歌詞を書くのもいい練習になる。文章を書く練習にもなる」

      好きな歌、ではないですが、より文章に近いもの、として中原中也の詩を書くことにしました。

      寒い夜の自画像、朝の歌、夏の日の朝、汚れちまつた悲しみに、一つのメルヘン、雪の宵、生い立ちの歌、秋の消息、月夜の浜辺、秋の夜空、六月の雨、春の日の歌、また来ん春、はるかぜ、冷たい夜、思ひ出、渓流、春…

      18の詩を書きました。
      字を書く、その難しさと共に楽しさも解るようになってきました。

      が、飽きてきた…というか…

      長い文章を書いていると、集中力が長く必要で、仕事の合間にするには、もっと短い文章の方がいいのでは…?

      という言い訳を思いつき、次は古今和歌集に手を出します…

      あらためて、和歌を読み書いてみると、言葉の響きが美しく、情景を思い浮かべずにはいられない言葉だらけでした。

      巻第二まで書いて、ふと思ったのです。
      和歌を書くなら、筆のほうが雰囲気出るのでは?と。
      集中して丁寧に書けば、下手なりに成長している実感もあり、完全に調子に乗ってました。
      早速100円の筆ペンを購入し、いざ!
      と書いてみると…

      ヒドイ…とても酷い…

      あれ…と思い、シャーペンで書いた字を見返すと、マシになったと思っていた字もたいして変わってなかった…
      ただ、見慣れてただけでした。

      ガッツリと凹みましたが、また新たな言い訳を思いつきます。

      手本を見つけたほうが良い。

      中原中也も古今和歌集も、ネットで拾ったもので、人の字、ではなかったのです( ´ ▽ ` )ノ

      携帯のフォントを、自分なりに丁寧に書いていたのです(`_´)ゞ

      そら、上手くならんわな♪( ´▽`)

      という、打たれ弱いが立ち直り早いところを発揮し、手本を探し始めました。

      そういえば、先生に見せていただいた字の辞書に、孫過庭、王羲之、米布、という人物名があったのを思い出し、調べたところ、コレだ!というのを見つけました。

      王羲之(おう ぎし)です。王羲之の楷書は、
      美しい字の見本、だと思いました。

      今、王羲之の書を見ながら、字の練習をしています。

      字には性格が表れますね…
      客観的に自分を見ているようで、恥かしくもありますが、勉強になります。


      タイトルの永字八法についてですが、永 という字には、筆使いの基本となる八法が入っている、と言われています。



      上手く書けた字を撮りました!(3つめ)

      ですが、基本的には1つめのようなグニャ、とした字になることが多いです…

      まだまだ始めて一ヶ月ちょい。
      来年の年賀状には、まともな字を書けるよう、練習を続けます。(たぶん…)


      最後になりましたが、今、朝日堂は創業60周年記念感謝祭を行っています!
      三月末までです。
      詳しくは朝日堂ホームページへ。
      http://www.asahido.biz/

      皆様のご来院、心よりお待ちしております。
      k-i
      posted by: asahidostaff | - | 19:31 | comments(0) | - | - |
      思い出の味
      0
        グリーンティー、をご存知ですか?

        緑茶、ではなく、グリーンティーという濃い〜緑色の甘〜い飲み物です。

        先日、スタッフの待機室でグリーンティーの話になった時、九州出身のスタッフと四国出身のスタッフは知りませんでした。

        調べてみると、グリーンティーの発祥はなんと、ここ京都!
        老舗のお茶屋さんの、一保堂さんが最初に造られた、とのこと。

        小さい頃、母親がスーパーの中にあるお茶屋さんで働いていて、遊びに行く度飲ませてくれていたあの味を求めて、一保堂さんへ行ってきました。



        店内は老若男女、国内海外のお客様でいっぱいでした。

        にも関わらず、店員さんは、とても親切に物腰柔らかい口調で、笑顔を絶やさず接してくれます。

        お店のイメージが変わるほどの接客。

        心地良い接客とは、素晴らしいものだな、自分もこうあるべきだな、と貴重な体験をさせていただきました。

        グリーンティーのことに関しても、教えてもらいました。

        夏になると、抹茶が売れにくくなるため、夏でも抹茶を美味しく飲める方法を考えた結果、抹茶にグラニュー糖を混ぜた粉末を冷水などで溶かしたものを、宇治清水(グリーンティー)、と名付けたらしいです。

        発明された当初、登録商標など申請しなかったため、あちこちでグリーンティーが出てくるようになったとか。




        冷水で作るのもいいですし、ミルクで作っても美味しく、勿論、お湯でも。

        と教えて頂いたので、寒くなってきたのでお湯で作りました。



        味も香りも、上品で繊細で美味しい!!

        しかし、コレは美味し過ぎる気がする…

        記憶の中のグリーンティーは、もっとこう…"抹茶"、ではなく、"抹茶ぽい感じ"で、子供が喜ぶくらいの甘さ、だったように思います…(笑)

        あの頃に飲んでいたグリーンティーとは、おそらくランクが違いますが…

        母親が仕事を終えるまでの間、スーパーの中の店員さん達に相手をしてもらい、弟と駐車場で遊んで怒られたりしつつ、喉が渇いたと言えば、飲ませてくれていた僕の思い出の味。

        その味に感動しつつ、グリーンティーを知らなかったスタッフにも飲んでもらったところ、

        「…あ〜、知らない味ではないですね。飲んだことあると思います」

        …えっ!?
        リアクション薄っ!!

        となりましたが(笑)味の好みは人それぞれ。

        コーヒーや紅茶よりも手軽に作れるので、もっとポピュラーになればいいなぁ、と思います。k-i










        posted by: asahidostaff | - | 13:31 | comments(0) | - | - |
        くまなき月の渡るに似る
        0
          10月13日、晴れ。


          やって来ました、嵐山!!



          テレビや雑誌等では見たことがあり、知ってはいたんですが、いや、知っていたつもりだからこそ、このスケールにはビックリします!!

          桂川の大きさ、水の透明感、近くて大きな山々と、広い空。
          渡月橋の上から

          反対側


          紅葉はまだでしたが、今の時期ならでは、金木犀の香りがどこからともなくしていて、とても爽やかな気分になりました。

          渡月橋を渡ると



          中ノ島公園とも言うみたいですね。
          桂川の畔では、皆さん思い思いの楽しみかたをされていました。


          ん…源氏物語の宮!?
          竹林の道!?
          行かねば!!

          というわけで、渡月橋を引き返し進むと、テレビ等でよく見る、"店が並んでいる通り"になり、ここテレビで見たことあるー!!と、テンション上がりました。

          歩くこと十数分、

          おお!いい!雰囲気が一気に変わります。

          ここが源氏物語の宮、野宮神社です。
          縁結びのご利益があるそうな…
          今度…行って…みようかな…

          と、初の嵐山はこんな感じでした。


          バイクの駐輪代がかかると思ってなかったので…
          (自転車の駐輪代は200円
          バイクの駐輪代400円
          普通自動車の駐車代は1000円…だったと思います)

          昼食はこれでした

          すり身てんぷら(たこねぎ)200円

          コロッケ80円

          他にも沢山の美味しそうなものが売ってあります。
          友達や恋人、ご家族でいろいろ食べ歩くも良し、定食屋さんに入りガッツリと食べるも良し!です。

          あと渡月橋には恋愛のジンクスもあるらしく、渡月橋を渡っているカップルは振り向いてはいけない、振り向くと別れてしまう、とか…

          日本神話の伊邪那岐命、
          ギリシャ神話のオルフェウス…
          あたりが元ネタなんでしょうか?

          まぁ、独り身の僕には関係のない話ですが…へへψ(`∇´)ψ


          タイトルの "くまなき月の渡るに似る"
          は、渡月橋の名の由来です。

          昔の偉い人が橋を渡っている時、橋の上空を月が移動していくのを見て、"くまなき月の渡るに似る"と感想を言い、それから"渡月橋"と呼ばれるようになったらしいです。(Wikipedia)
          k-i
          posted by: asahidostaff | - | 13:52 | comments(0) | - | - |
          我が家の爺ちゃん
          0


            我が家の80才になる
            ベンじいちゃんです。

            太っているせいか、
            よく仰向けで寝ています。

            思わずカシャ! T-kun





             
            posted by: asahidostaff | - | 22:09 | comments(0) | - | - |
            0
              10月6日、晴れ。

              以前通っていた専門学校の同級生に誘ってもらい、栗拾い&BBQへ行ってきました。
              場所は同級生のおじいさん、おばあさんが暮らしていらした家です。













              庭に、沢山の栗が!!
              人生初の栗拾いに、テンションが上がり、軍手をつけ身を取ろうとするも、いとも容易く軍手を突き抜ける棘達…
              い、痛い…(ちょっとテンション下がる)

              「足で踏んで、めくるんやで」
              …ですよね…







              痛みにより、一瞬にして浮かれ気分が無くなったんですが、大きい栗を見つけると再びテンションが上がり、
              おお!
              と思わず声が出ます。

              色も形も綺麗でした。
              コンビニの袋2つ分の栗と、
              大きな袋3つ分の『いが』を拾い終了。
              満喫しました!!




              そして、待ちに待ったBBQ!
              タン、上ミノ、カルビ、セセリ、ミスジ、鶏皮、キャベツ、ズッキーニ!
              …等の写真は撮り忘れましたが、こんな感じでした

              味付けされた肉、秋刀魚、栗、オクラ、さつまいも等も焼き、手作りのオニギリに感動し、煙と陽射しに悶絶しつつ、
              お酒を飲みながら皆と談笑…
              楽しかったです。




              気の知れた同級生たちの笑い声、様々な虫の鳴き声と、時折吹く心地良い風…
              そして、体内を駆け抜けるアルコールに導かれ、小一時間ほど寝てしまいました…

              お酒弱いのに、飲むのが好きで、毎回同級生の人たちには迷惑と心配をおかけしますが、(暴れたりはしません。ただ寝るだけです…たぶん)
              皆笑顔で、ええよ〜と言ってくださるので、次回も甘えよう、と思います(笑)







              秋ですね(^_^)
              posted by: asahidostaff | - | 13:29 | comments(0) | - | - |
              先生がTVCMに!
              0
                 私たちは月に2回、英会話を習っているのですが、その先生が
                CANONのTVCMに出演しました。ほんの2秒ほどですが・・・

                とてもダンディなアメリカ人男性です。

                「綴プロジェクト-里帰り-」篇(60秒)


                素敵なCMです。よかったら見てください。

                                                                                 etsu









                posted by: asahidostaff | - | 11:25 | comments(0) | - | - |
                私たちの職場
                1


                町屋を改造した私たちの職場、朝日堂治療院です。
                100年以上昔の町屋をリニューアルし、今は清潔で
                とてもきれいですよ。




                はり灸・指圧・あんまの施術を行う本格的な治療院ですが、
                和風の造りにモダンな雰囲気もあわせ持ち、
                全室個室で落ち着きますよ。一度お越しください。
                いつもブルースやジャズ、ボサノバなどが流れています。

                etsu







                 

                posted by: asahidostaff | - | 22:35 | comments(0) | - | - |